FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

XMBに描画 

VRAMのアドレスにカラーコードを代入すると、画面に描画することができます

※注意※
PSPの画面は 480x272 ですが、VRAMの横に長さは 480 ではなく 512 です

※メモ※
X軸とY軸を取得する計算式は  (X + Y * 512) です


ということで、1ライン(見づらいので2ライン) に描画する関数を作ってみました
line_test


なんだかオラ、わくわくしてきたぞw

つか、文字表示とかどうやるんだw
まだ色々できそう

使ったソースはここに置いておきます ダウンロード

Rトリガーで表示、Lトリガーで非表示できます



スポンサーサイト
更新乙です~
VRAMって言われても良く分かんないですw

vram[n] = color;
なんでこれで描写できるのかも謎です(-_-;)トホホ・・・

libVSHっていうライブラリでXMBに文字表示とか出来るみたいですけどね
点滅して見ずらかった気がします
[ 2010/09/20 20:52 ] [ 編集 ]
すいません、解説不足でした
PSPのメモリにはVRAM領域(サイズは2MB)というものがあります
VRAMの始端アドレスは 0x04000000、終端アドレスは 0x041fffff です

// xy(0, 0)に点を打つ
pspDebugScreenInit(); // 画面が初期化されていなければ使う
void *vram = (void *)0x44000000; // 仮想アドレスモードでVRAMの始端アドレスにアクセス
*(unsigned int *)vram = 0x0000FF; // xy(0, 0)の位置に赤色の点を打つ
vram++; // xy(1, 0)の位置に移動

vram[n] は sceDisplayGetFrameBuf関数でvramのアドレスを代入しているからです
仮想アドレスモードについては http://nanashia.blog8.fc2.com/blog-entry-51.html を参考にしてください
[ 2010/09/20 22:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。